トップページ > 査読資料 > 査読に関する確認事項

査読に関する確認事項

2007.11.13
日本磁気学会編集委員会

[レター査読内規]

  1. 査読者は1名とする.(従来は2名)
  2. 査読期間は依頼日から1週間以内とする.
  3. 分野主査はレターの採否を決定し,後日編集委員会にて結果を報告する.
  4. 分野主査が自分自身を担当委員に指名し,査読者1名を迅速に定めることを奨める.ただし,「本論文」から「レター」へ変更あるいは再投稿された場合は,事情を理解している担当委員をそのまま担当としてよい.
  5. ページ制限は4ページ以内とする.(従来通り)
  6. 投稿料などは「本論文」と同一とする.
  7. レター1件の査読は本論文1件査読と同等として数え,年間査読件数を累計するものとする.

[3回目査読の位置づけ]

オンライン査読システムをJ-Stage上に移行した結果,3回目以降の査読がシステム上は可能になった.これに関する運用を以下のように定める.

  1. 原則として,従来通り査読は2回で終了とする.例外とは以下のA)~C)を想定している.但し,B),C)において2回目の査読結果がIIa以下の場合,3回目の査読を査読者へ回さず,担当委員が行っても良い.
    1. 2回目の査読の結果,著者の主たる主張には疑義がないこと.その上で,主でない主張,あるいは仔細な内容等に疑義が残る場合
    2. たとえ1フレーズであっても,字句の修正ではなく,内容の修正が必要な場合
    3. 論文フォーマットに大きな誤り,あるいは多数の誤りがある場合
  2. 3回目の査読時にも充分な修正が期待できないと予想される場合は,2回目で不採録とする.
  3. 1回目の査読で問題にしなかった箇所について,新たに質問などを追加してはならない.