第239回研究会

光による磁気物性計測と光計測技術の最前線

近年,光の計測技術の進展と共に,磁性体の評価技術もめざましい進展を遂げています.特に,時間分解法を用いた計測技術やイメージング技術は,スピンのダイナミクスを調べる方法として,スピントロニクスの研究には必要不可欠の技術になっています.さらには,新しい光計測技術の導入によって,新たな磁気物性計測技術の進展も期待されます.本研究会では,光計測技術の研究を行っている研究者の方々に最先端の光計測技術を紹介していただきます.また,光と磁気物性に関する研究を行っている研究者の方々にも,最先端の研究成果を紹介していただきます.多くの方のご参加をお待ちしております.

*参加者には、PDFで研究会資料を配布、
「冊子を購入する」を選択された方には、研究会終了後に資料冊子を発送いたします。

日時:
2022年11月22日(火) 13:30 ~ 17:00
場所:
オンライン開催(Zoom)
参加申込:
申込フォーム
参加費(PDF版資料代含む):
無料(研究会資料予約購読者,学生)
3,000円(会員,賛助会員,協賛学会の会員)、6,000円(非会員)
冊子資料:
2,000円(会員,賛助会員,協賛学会の会員,学生)、4,000円(非会員)
*参加費・資料代は消費税込み金額です
一度受け付けた参加費は返却いたしません
支払方法:
PayPal(クレジットカード決済)または 銀行振り込み
*PayPalを選択:登録のメールアドレスへ請求書をお送りいたします。
PayPal(クレジットカード決済)メール請求書の決済手順
*銀行振り込みを選択:下記口座まで参加費をお振込みください。

銀行振込 三菱UFJ銀行 神保町支店
(店番013)普通預金2259640
口座名義 公益社団法人 日本磁気学会
申込・支払期限:
2022年11月18日(金)

問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
オーガナイザ:
石橋隆幸(長岡技科大),田辺賢士(豊田工大)
事前の申し込み、参加費の支払いが必要です。
参加費のお支払を確認後、会場URLをご案内いたしますので、お早めにお申し込みください。
プログラム

座長:石橋隆幸(長岡技科大)

13:30 – 14:10
偏光カメラを用いた偏光イメージング

○大谷幸利(宇都宮大)

14:10 – 14:50
液晶幾何学位相回折素子を用いた偏光走査型偏光撮像

○小野浩司、坂本盛嗣(長岡技科大)

14:50 – 15:30
ピコ秒前後で変化する光電界の解析

○塩田達俊(埼玉大)

休憩(10分)
座長:田辺賢士(豊田工大)
15:40 – 16:20
光のヘリシティが誘起する強磁性体/重金属薄膜の磁化ダイナミクス

○飯浜賢志(東北大)

16:20 – 17:00
反強磁性体の超高速磁化ダイナミクス測定

○佐藤琢哉(東工大)

当学会では,研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております.