2014 IEEE Mag. Soc. DL Hans-Benjamin Braun氏を迎えた講演会
日本磁気学会 第59回ナノマグネティクス専門研究会

 IEEE Magnetics Society では、毎年、優れた業績を残している研究者(Distinguished Lecturer;DL)を4名選出し、(http://www.ieeemagnetics.org/)、世界各国での1年間の講演活動を支援しています。今回は、2014年度DLのUniversity College DublinのHans-Benjamin Braun教授に「Topological Effects in Nanomagnetism: From Perpendicular Recording to Monopoles」と題して講演をしていただきます。
 また、理研の多々良博士には磁壁とskyrmions(トポロジカル単磁極粒子)のダイナミクス、阪大の白土准教授には反強磁性体表面のスピン反転の研究を中心にご紹介頂きます。
 皆様奮ってご参加くださいますようお願いいたします。またこれらのテーマに興味あるお知り合いがいらっしゃいましたら、本開催案内を御連絡いただければ幸いです。 参加費は無料です

日時:
2014年6月19日(木)13:30~16:45
場所:
中央大学駿河台記念館 310号室
(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
URL: http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
参加費:
無料
主催:
日本磁気学会ナノマグネティックス専門研究会
URL: https://www.magnetics.jp/seminar/nanomag/index.html
IEEE Magnetics Society, Japan Chapter
URL:http://www.ieee-jp.org/japancouncil/chapter/MAG-33/mag.htm
問合せ先:
五十嵐(HGST)e-mail: masukazu.igarashi@hgst.com(@を@に変換してください)
TEL: 0465-58-7034
オーガナイザー:
中谷亮一(阪大)、五十嵐万壽和(HGST)
Program
Chair:R. Nakatani(Osaka U.)
 13:30~15:00
Distinguished Lecture
Topological Effects in Nanomagnetism: From Perpendicular Recording to Monopoles.
Hans-Benjamin Braun(School of Physics, University College Dublin, Ireland)

Chair:M. Igarashi(HGST)

 15:15~16:00
Current-induced dynamics and spin motive force of a magnetic domain wall and skyrmions.
Gen Tatara(RIKEN Center for Emergent Matter Science (CEMS))
 16:00~16:45
Behavior and control of interfacial uncompensated antiferromagnetic spins in Pt/Co/α-Cr2O3 perpendicular exchange-biased system
Yu Shiratsuchi(Osaka U.)

当学会では、研究会でのビデオ・写真撮影および録音をご遠慮いただいております。