協賛:応用物理学会 磁気科学研究会

 第19回強磁場応用専門研究会は、応用物理学会 磁気科学研究会協賛を頂き開催することとなりました。今回は、強磁場を利用した材料科学の分野でご活躍の浜崎亜富先生と、安田秀幸先生にご講演頂きます。浜崎先生はパルス強磁場をはじめとする装置の製作やその利用例について、安田先生は静磁場による対流の誘起やその可視化・モデル化・定量化や、材料の3軸配向についてご講演頂ける予定です。できるだけじっくりと議論するため、講演時間を長くとっています。なかなか得られない機会ですので、是非、ご参加いただければと思います。

日時:
2012年3月19日(月) 13:30~16:55
場所:
大阪大学 テクノアライアンス棟2階 セミナー室(B205)
(〒565-0871 吹田市山田丘2-8)
アクセス
会費:
無料
プログラム:
 
13:30-15:05
「強磁場下における実験環境の構築と利用の実際
 ‐磁場中での高温発生と炭素物質創製‐
 ‐パルス強磁場環境の手軽な構築と利用‐」
浜崎 亜富 (信州大)
15:05-15:20
休憩
15:20-16:55
「静磁場下での凝固現象と結晶配向現象」
安田 秀幸 (阪大)
オーガナイザー:
廣田 憲之 (物材機構) hirota.noriyuki_at_nims.go.jp(_at_ は @ にしてご使用ください。)