開催日時:
2020年11月18日(水)13:00 ~ 17:30
場所:
オンライン開催(ZOOM)

参加費:
無料
参加申込:
1.次のアドレスに、氏名・所属・メールアドレス・電話番号を連絡してください。
  masamimiura_at_toyota-ti.ac.jp (_at_を@へ変更してください)
2.受領確認後、会議情報を送付いたします。
*なお、参加者多数(40名程度)の場合、ご参加を締め切る場合もあります。
また、内容を予告なく変更する場合もあります。
申込締切:
11月16日(月)
世話人:
藤﨑敬介、南部 紘一郎(豊田工大)
問い合わせ先:
藤﨑敬介(豊田工大)、南部 紘一郎(豊田工大)
e-mail. fujisaki_at_toyota-ti.ac.jp 、knambu_at_toyota-ti.ac.jp
(_at_を@へ変更してください)

プログラム

座長:藤﨑敬介(豊田工大)
13:00-13:15
「高周波大電力磁気の必要性と課題」

○藤﨑敬介(豊田工大)
13:15-14:15
「Beyond MHz スイッチング電源における諸課題~電力用磁性材料の視点から~」

○佐藤敏郎(信州大)
14:15-15:15
「高周波磁気の研究開発状況と今後の課題 ~インバータノイズによる通信障害への対応を含めて~」

○山口正洋(東北大)
15:15-15:25
休憩(10分)
座長:藤﨑敬介(豊田工大)
15:25-15:55
「パワーエレクトロニクス装置における磁性部品の現状と課題」

○清水敏久(都立大)
15:55-16:25
「パワーエレクトロニクスの磁気部品と材料への期待~フェライト・粉末・積層コア~」

○今岡 淳(名大)
16:25-16:55
「パワーインダクタの解析・モデリング・最適化」

○五十嵐 一(北大)
16:55-17:30
「総合議論「高周波大電力の技術課題とは?」」

全員