第247回研究会

リサイクル技術やレアアースフリー磁石を中心とした磁石開発の進展

近年,カーボンニュートラルに向けた自動車電動化の急速な拡大などを背景にネオジム磁石の需要が増加しており,ネオジム磁石に使用されるレアアースの資源リスクが改めて注目を集めています.レアアース使用量の低減や資源循環の観点から,磁石のリサイクル技術やレアアースフリー磁石開発の取り組みが精力的に進められており,実用化に向けた今後の更なる発展が期待されています.本研究会では,関連する分野でご活躍の7名の研究者をお招きし,最先端の研究動向や,将来展望などについて講演していただきます.多くの方のご参加をお待ちしております.

*3月25日までに参加登録・参加費支払いをされた参加者には、PDF版の研究会資料を配布,
「冊子を購入する」を選択された方には,研究会終了後に資料冊子を発送いたします.
*現地会場では現金のみ参加受付いたしますが,PDF版資料のお渡しはありません.

日時:
2024年3月28日(木)13:00 ~ 17:20
場所:
ハイブリッド形式 (現地会場およびZoom開催)
現地会場:連合会館401会議室
(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
参加申込:
申込フォーム
参加費(PDF版資料代含む):
無料(研究会資料予約購読者,学生)
3,000円(会員,賛助会員,協賛学会の会員)、6,000円(非会員)
冊子資料:
2,000円(会員,賛助会員,協賛学会の会員,学生)、4,000円(非会員)
*参加費・資料代は消費税込み金額です
一度受け付けた参加費は返却いたしません
支払方法:
PayPal(クレジットカード決済)または 銀行振り込み
*PayPalを選択:登録のメールアドレスへ請求書をお送りいたします.
PayPal(クレジットカード決済)メール請求書の決済手順
*銀行振り込みを選択:下記口座まで参加費をお振込みください.

銀行振込 三菱UFJ銀行 神保町支店
(店番013)普通預金2259640
口座名義 公益社団法人 日本磁気学会
申込・支払期限:
2024年3月25日(月)
協賛:
応用物理学会,電気学会,日本化学会,日本物理学会,電子情報通信学会, 日本金属学会, IEEE MAG-33 Sendai/Tokyo/Shin-Etsu/Nagoya/Kansai-Shikoku/Fukuoka Chapters
問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
オーガナイザ:
田中雅章(名工大),額田慶一郎(パナソニック インダストリー),沼倉凌介(マグネスケール),萩原将也(東芝),堀川高志(愛知製鋼)
できるだけ事前の参加申し込みをお願いいたします.
オンライン参加希望の方には、参加費のお支払を確認後、会場URLをご案内いたしますのでお早めにお申し込みください.
プログラム

座長:萩原将也(東芝)

13:00 – 13:40
Sm2Fe17N3ボンド磁石のリサイクルプロセスに関する研究

○山本宗生(日亜化学)

13:40 – 14:20
溶融フラックス法によるEVモータからのレアアースの回収

○山口勉功(早大)

14:20 – 15:00
超高速モータ用高磁束プラスチック磁石ロータ

○吉永誠一郎(IHI)
○吉田征弘(秋田大)

休憩(20分)
座長:田中雅章(名工大)
15:20 – 16:00
L10型FeNi磁粉の合成と高保磁力化

○柳原英人(筑波大)

16:00 – 16:40
窒化鉄系材料の現状と今後の展望

○小川智之(東北大)

16:40 – 17:20
磁石材料解析のためのシミュレーション技術

○田中智大(富士通)

当学会では,研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております.