公益社団法人日本磁気学会

MENU

学術講演会・研究会

研究会資料予約購読

日本磁気学会会員の方を対象に研究会(年5回開催)の発表内容をまとめた 資料の年間購読の申込を受付けています. 研究会資料予約購読料は,送料・消費税込で8,000円です.(平成29年度より価格が変更になりました) 予約購読 …

第211回研究会/第63回磁気工学専門研究会報告

医療と磁気の現状と将来展望 日 時: 2017年1月27日(金)13:30~16:45 場 所: 中央大学駿河台記念館 参加者: 39名  磁気工学は医療において診断や治療を中心に様々な形で応用されてきた。今後さらに新た …

第210回研究会/第73回ナノマグネティックス専門研究会報告

“スピン”の可視化とその操作 日 時: 2016年11月18日(金)13:30~16:40 場 所: 中央大学駿河台記念館 参加者: 32名  動的な“スピン”構造を可視化する計算・観察手法と、その制御をテーマとして研究 …

第209回研究会報告

反強磁性が拓くマグネティクスの新展開 日 時: 2016年10月21日(金)13:00~16:40 場 所: 中央大学駿河台記念館 参加者: 43名  反強磁性スピン構造は、磁気的秩序の多彩な起源といった基礎学問としての …

第208回研究会/第56回化合物新磁性材料専門研究会報告

スピントロニクスにおける次世代材料開発 日 時: 2016年6月9日(木)9:20~16:45 場 所: 中央大学駿河台記念館 参加者: 41名  今回の研究会では、スピントロニクスにおける次世代新材料開発の最先端を9名 …

第207回研究会/ 第35回強磁場応用専門研究会 第59回磁気工学専門研究会

溶液系の磁場効果とその利用-磁気マイクロフルイド,磁気分離  近年の強磁場発生技術の発展に伴い,比較的容易に10テスラ以上の高磁場が得られるようになってきています.この高磁場を利用することで,今までに見えて来なかった反磁 …

日本磁気学会 第204回研究会報告

「磁気イメージングチュートリアル 〜研究を加速させる可視化技術の初歩から最先端まで〜」 日 時: 平成27年11月25日(水)10:30-16:20 場 所: 中央大学駿河台記念館 参加者: 28名  磁気特性を評価する …

第4回 岩崎コンファレンス

「医工学とビッグデータが拓く医療の未来」 日本磁気学会では、岩崎俊一名誉会員の2010年日本国際賞受賞(タイトル:「垂直磁気記録方式の開発による高密度磁気記録技術への貢献」)を記念して賜った寄付に基づき「岩崎コンファレン …

日本磁気学会 第206回研究会報告

「発電用電子・磁気材料の現状と今後の展望」 日 時: 2016年1月29日(金) 13:00~16:45 場 所: 中央大学駿河台記念館 参加者: 34名  地球温暖化の抑制と温室効果ガス排出量を削減するために化石資源に …

日本磁気学会 第203回研究会報告

「大型プロジェクトによる磁気・スピン新機能デバイス研究開発の最前線」 日 時: 2015年7月24日(金)9:30~17:50, 2015年7月25日(土)9:30~15:30 場 所: 日本大学理工学部駿河台キャンパス …

« 1 3 4 5 19 »
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人日本磁気学会 All Rights Reserved.