垂直磁気記録が拓く磁性科学と情報ストレージ技術

 このたび本コンファレンスの第1回を下記の要領で開催することになりました。我が国で生まれた磁気工学分野のイノベーションとして、日本磁気学会の大きな分野を形成している垂直磁気記録を中心に「垂直磁気記録が拓いた磁性科学と情報ストレージ技術」をテーマに掲げています。基調講演は、我が国の情報通信分野における代表的開拓者としてイノベーションを先導してこられた長尾真先生と末松安晴先生にお願いしています。最先端研究からは、我が国を代表する研究者による垂直磁気記録に関する磁性科学から高密度磁気記録技術、ハードディスク装置技術の最近の進展、情報化社会における存在感を増している情報ストレージ技術など、について議論致します。
皆様の幅広いご参加をお誘い申し上げます。
日時: 平成23年11月24日(木)~25日(金)
場所: 仙台市秋保温泉 佐勘
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元
主催: 日本磁気学会
参加費:
会員 10,000円
非会員 15,000円
学生 5,000円
宿泊費: 12,800円(内、懇親会費4,000円)
オーガナイザ: 桐野文良(東京藝術大学)、中谷亮一(大阪大学)、村岡裕明(東北大学)
支払方法: 費用は下記のいずれかの方法で、11月15日までにお支払いください。
払込先 :
郵便振替 00100-1-63028
銀行振込 三菱東京UFJ銀行 神保町支店
(店番013)普通預金2259640

お支払いの際は、どなたの参加費かを必ず電子メールまたはFAX等にてお知らせ下さい。

申込み方法: 申込用紙(PDF版:134KB)(Word版:31KB)にご記入の上、FAXあるいはe-mailで事務局までお送りください。
公益社団法人 日本磁気学会 事務局
Tel. 03-5281-0106、 Fax. 03-5281-0107、
e-mail. msj@bj.wakwak.com
プログラム:
 日程 平成23年11月24日(木)~25日(金)
 11月24日(木)
14:00 開 会:岩崎委員長挨拶
松木日本磁気学会長趣旨説明
基調講演I 日本発のイノベーションと開拓者
[座長: 杉田愃(東北工業大学)]
14:15~15:15 末松安晴(高知工科大学顧問)
15:15~15:30 休 憩
セッションI 垂直磁気記録によって拓かれた磁性サイエンス
[座長: 大内一弘(秋田県産技センター)]
15:30~16:15 「高密度磁気記録媒体と磁性材料の物理」
高橋研(東北大学)
16:15~17:00 「スピントロニクスによる再生ヘッドの高感度化」
岩崎仁志(東芝)
19:00~20:30 懇親会
 11月25日(金)
基調講演II 日本発のイノベーションと開拓者
[座長: 杉田愃(東北工業大学)]
9:00~10:00 長尾真(国立国会図書館長)
10:00~10:15 休 憩
セッションII 高密度垂直磁気記録技術の開拓
[座長: 本多直樹(東北工業大学)]
10:15~11:00 「垂直磁気記録ドライブの進化と挑戦」
高野公史(日立グローバルストレージテクノロジーズ)
11:00~11:45 「ウェットプロセスによるビットパターン媒体の形成」
本間敬之(早稲田大学)
11:45-13:00 昼 食
13:00~13:45 「垂直磁気記録のヘッド技術」 野口潔(TDK)
13:45~14:30 「単磁極型ヘッドの計算機シミュレーション」
金井靖(新潟工科大学)
セッションIII 垂直磁気記録による情報化社会の変革
[座長: 村岡裕明(東北大学)]
14:30~15:15 「情報爆発とデータセンターの動向」
亀井信一(三菱総研)
15:15~16:00 「IT社会における垂直記録ストレージの役割と進展」
田中陽一郎(東芝)
16:00 閉 会