64.01

分野:
磁気応用
タイトル:
有効電力法による超電導マグネットのクエンチ保護試験
出典:
七戸 希, 井上 貴裕, 村瀬 暁, 西島 元, 玉川 克紀, 天谷 宗徳, 上村 芳文 有効電力法による冷凍機冷却型6T級NbTi超電導マグネットのクエンチ保護試験 2009年度春季低温工学・超電導学会講演概要集,p.107
概要:
  岡山大の七戸らは、新しいクエンチ検出法を提案し実用化超電導マグネットにおいてその有効性を検証した。
本文:
 
近年、強力なNdFeB等の磁石材料を飽和させようとすると3T以上の磁場が必要となることがあり、超電導マグネットを使う機会が増している。超電導マグネットを使用する際、臨界温度、電流、磁場を越えてクエンチするとコイルの導体損傷や絶縁破壊を起こす場合があり、できるだけ早くクエンチを検出しマグネットの蓄積エネルギーを外部に引き出す必要がある。
従来、クエンチを検出する方法として中間電圧端子を用いる方法やピックアップコイルを用いる方法があるが、ノイズや誤判定の問題点があった。そこで、岡山大の七戸らは、中間電圧端子を必要とせず直流交流コイルの双方に対して高感度でクエンチを検出できる有効電力によるクエンチ保護システムを提案した。玉川製作所において、6T級超電導マグネットを用い、その有効性を検証した。 

(玉川製作所 天谷 宗徳)