トップページ > 専門研究会 > 完了した研究会 > 磁気工学専門研究会 > 過去の研究会一覧 > 第47回ナノバイオ磁気工学専門研究会のお知らせ

第47回ナノバイオ磁気工学専門研究会のお知らせ

テーマ:「Lab-on-a-chipを目指して~磁性微粒子のバイオ医療への応用~」

今回は、シンガポールと韓国の先生方がSkypeを通してライブ講演・質疑応答していただく新企画です。
磁性微粒子のバイオ医療への応用では、医師や患者のオンサイトで用いることができる新たなPoint Of Care Test (POCT)デバイス・機器が研究されています。
そのために,Chipのなかでサンプルの取込みから分析までを行うことを目指したLab-on-a-chipが脚光を浴びています。
講演の先生方は, 今回の企画に合った最先端の研究をされています。
磁性微粒子のバイオ医療応用に関する新たな研究動向と今後の展望を討論する場として,多くの皆様方のご参加をお待ちしております。

1.日時:
2013年7月19日(金) 13:30~16:30
2.会場:
東京工業大学田町キャンパス・イノベーションセンター2F 多目的室2
(東京都港区芝浦3-3-6, JR田町駅より徒歩1分)
URL: http://www.cictokyo.jp/access.html
Tel (受付): 03-5440-9020
3.オーガナイザー
・司会:
 
Adarsh Sandhu(豊橋技科大・東工大)、野田 紘憙(和歌山大)

4.プログラム:
 
13:30-14:10
Prof. Raju V. Ramanujan
(Nanyang Technological University, Singapore)
「Novel biomedical applications of magnetic fluids」
Magnetic oxide (core)-thermoresponsive polymer (shell) composite nanoparticles (CNP) in a suitable carrier fluid were studied for in-vitro and in-vivo applications.
14:10-14:15
Preparation for connection
14:15-14:55
Prof. CheolGi Kim
(Chungnam National University, South Korea)
「Magnetic “Lab-on-a-chip” platform」
Magnetic lab-on-a-chip platform was designed and demonstrated with a microfluidic chip and a planar functionalized immunocells.
14:55-15:10
Coffee Break
15:10-15:50
Prof. Adarsh Sandhu(Toyohashi University of Technology, Tokyo Institute of Technology, Japan)
「Fluidic capillary systems for analysis of the hydrodynamics and medical applications of magnetic particles」
The manipulation and detection of magnetic particles for point care medical diagnostics were studied. In-situ observation of magnetic nanoparticles in fluidic systems by electron beam microscopy was developed.
15:50-16:30
Organizer Meeting

5.参加費: 無料