58.07

分野:
磁気応用
タイトル:
第5回強磁場応用専門研究会
概要:
 2009/3/27埼玉県産業技術総合センターにて開催、参加者は6名であった。今回の研究会では、磁場応用技術として磁場による物質分離技術を利用したエコ・マテリアルプロセス開発と電気化学反応への磁場効果についての最新の研究成果が報告された。
本文:
1. 「マイルドな反応と磁気分離を利用した廃棄物、低品位鉱物の高付加価値化」長坂徹也(東北大)
従来の高温炭素熱還元にはよらず、中低温領域における空気酸化のような簡便な条件での結晶相変化をなすことで磁気分離を可能にする手法について下記の報告がなされた。(1)製鋼脱リンスラグからのリン、マンガンの回収。(2)電気炉ダストからの亜鉛回収法。(3)イルメナイト鉱石からのルチル抽出法。

2. 「磁気電気化学におけるさまざまなMHD効果」青柿良一(職業大)
近年、磁場応用のひとつとして注目を集めている磁気電気化学における磁場効果について報告がなされた。磁場中での電気化学反応では、電解電流が増大する現象(MHD効果)とともに、時には反応を抑制し時には反応を促進する特異な効果(マイクロMHD効果)が生じることについて、原理からの解説がなされた。 

(埼玉県産業技術総合センター 森本良一)