65.02

分野:
磁気記録
タイトル:
IBMと富士フイルムがリニア方式磁気テープの世界最高記録密度を達成
出典:
IBM Corporation プレスリリース
http://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/29245.wss
富士フイルム株式会社 プレスリリース
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0348.html
 
概要:
 IBMと富士フイルムは世界最高の記録密度(29.5Gビット/平方インチ)を有するリニア記録方式磁気テープを共同で開発した。
本文:

 IBMチューリッヒ研究所と富士フイルムが1月22日、リニア記録方式の磁気テープにおいて世界最高の磁気記録密度を達成したと発表した。 今回、富士フイルムは、現行メタル磁性体体積の約1/3に相当する1600nm3に微粒子化したバリウムフェライト(BaFe)微粒子を均一に分散・配向させることが可能な「微粒子化技術」、「均一薄層塗布技術」、「高分散技術」、「垂直配向技術」等を新たに開発。またIBMは、目標トラック位置に対し24ナノメートル未満(標準偏差)のトラック追従性能を有する「サーボ制御技術」や「信号処理アルゴリズム」等を開発した。 これらの技術を組み合わせることで今回、世界最高の29.5Gビット/平方インチのデータ記録を実現した。これによりエネルギー効率とコスト効率に優れたテープ・カートリッジに、最大35TB(テラバイト)のデータを格納できるようになると推定される。

 

(東大物性研 谷内敏之)