144.01

【分野】磁気記録
【タイトル】2018年に16テラバイトの3.5インチHDDが出荷開始予定
【出典】
https://www.geek.com/tech/seagate-plans-to-unleash-a-16tb-hard-drive-in-2018-1686643/
【概要】
シーゲート社は2018年に16テラバイトの3.5インチ型ヘリウム充填HDDの出荷開始を予定している。
【本文】
シーゲート社は2018年に14テラバイトと16テラバイトの大容量のHDDを出荷予定であることを収支報告の場で明らかにした。これらのHDDは複数のHDDを連結させたモデルではなく、3.5インチ型SATAドライブモデルであるとのこと。また、同社は2020年までに容量20テラバイトのHDDの市販化をロードマップに組み込んでいることも明らかにした。
すでに同社は10テラバイトモデルを市販している一方、ヘリウム充填技術を用いて容量12テラバイトのHDDを試験している状況であり、その試験経過は良好とのこと。順調に進めば、2018年にはHDDの最大容量は16テラバイトに拡大する見込みである。なお、記録方式やディスク枚数などの詳細は明らかにされていない。
すでにウェスタンディジタルブランドのHGSTから12テラバイトの3.5インチHDDの量産出荷が今年上半期に予定されているが(技術情報サービス 140.01 【世界最大容量12テラバイトのハードディスクドライブ】)、それを上回る容量のHDDが来年出荷される見込みとなった。SSDが依然高価であることから、多くのストレージ容量を必要とするPCユーザやデータセンターからの需要を背景に、HDDの更なる大容量化が望まれている。

(岩手大学 三浦健司)