3.03

シーゲート社HDD新製品12機種を一挙発表

  シーゲート社は2004年6月、HDD市場のほとんどをカバーする12の新製品を発表した。
  各種報道や同社発表の情報によると、これらの製品の面記録密度は2.5インチドライブのMomentus5400.2が94 Gb/in2、3.5インチドライブのBarracuda7200.8が108 Gb/in2と、業界最高レベルの値を実現している。これらの高面記録密度を実現するため、一部のモデルではTMR(Tunneling Magneto-Resistive) ヘッドを使用しているとのことである。面記録密度100ないし150 Gb/in2は、従来用いられてきたGMR(Giant Magneto-Resistive)ヘッドの限界に近いと考えられており、この限界を超えるためTMRあるいはCPP(Current Perpendicular to the Plane)-GMRの開発が各メーカーにより精力的に進められている。シーゲート社の今回の発表がもしTMRヘッドを搭載したものであれば、HDD業界に先鞭をつけたものといえる。  
  本記事に関連した参考資料は、こちら(PDF: 243KB)で見ることができる。

(日立GST 梅崎 宏)