トップページ > 専門研究会 > 完了した研究会 > 磁気工学専門研究会 > 過去の研究会一覧 > 第34回ナノバイオ磁気工学専門研究会のお知らせ

第34回ナノバイオ磁気工学専門研究会のお知らせ

「磁性ビーズの機能化と検出~最新の開発から」

1.日時:
2月9日(火)13:30~16:00
2.場所:
東京工業大学・田町キャンパス
キャンパスイノベーションセンター 8階806号室
〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 (JR田町駅芝浦口2分)
http://www.titech.ac.jp/about/campus/t.html
3.プログラム
  1. 「新規高機能性蛍光・磁性ビーズの作製と応用」
    ○畠山士・半田宏(東京工業大学)
    近年我々は、数個の酸化鉄(フェライト)と1x10_5個以上の蛍光物質であるユ-ロピウム錯体を完全に内包し、表面をポリマ-で被覆した磁性と蛍光の両機能を有する革新的な蛍光・磁性ビーズを世界に先駆けて開発したので、ここに報告する。さらにこの蛍光・磁性ビーズ表面に抗体等の各種生理活性物質を固定化して、機能性を付与し、その応用展開を図った。これに関するトピックについても述べる予定である。
  2. 「Biosensing Platform Based on Light Scattering from Self-Assembled Chains of Functionalized Rotating Magnetic Beads」
    ○A. Sandhu, S.Y. Park, and H. Handa (Tokyo Institute of Technology)
    (ご発表は日本語です):
    We describe a simple label-less biosensing protocol based on monitoring light scattering from self-assembled chains of functionalized superparamagnetic beads (SBs) rotating in the solution. A rotating external field applied to an aqueous solution containing biotinylated SBs produces linear chains of SBs rotating in phase with Hex due to magnetically induced self-assembly. At constant Hex the addition of avidin yields longer SB-chains than without the presence of avidin. Monitoring changes in the amplitude of the optical transmittance of the solution enables the determination of the concentration of avidin added to the solution.
  3. 総合討論
4.会費:
無料
5.担当世話人
松下伸広(東工大)E-mail:matsushita_at_msl.titech.ac.jp
6.オーガナイザー
阿部正紀(東工大)E-mail: amasanor_at_abe.pe.titech.ac.jp
森迫 昭光(信州大)E-mail: morisako_at_cs.shinshu-u.ac.jp
半田 宏(東工大)E-mail: hhanda_at_bio.titech.ac.jp
中川 貴(東工大)E-mail: nakagawa_at_mit.eng.osaka-u.ac.jp
野田紘憙(理研)E-mail: kohnoda_at_postman.riken.jp
竹村泰司(横国大)E-mail: takemura_at_ynu.ac.jp

7.問合わせ先、入会希望連絡先:竹村泰司(横国大)E-mail: takemura_at_ynu.ac.jp

(_at_ は @ にしてご使用ください。)