事業報告

平成25年(2013年)度事業報告
(平成25年4月1日~平成26年3月31日)
本年は学会の国際化に対応すべく学会誌(Journal of the Magnetics Society of Japan)の英文化をはかるとともに、Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS2013)を開催した。また、第2回岩崎コンファレンスを開催し、プログラムの工夫により大学から企業まで多くの方々に参加いただくことができた。学会活動の活発化を目標に、会長を中心とした学会改革ワーキンググループを組織して改革案を検討、その成果を今後の各種行事に波及させるよう行動を開始した。

Ⅰ 事業の状況

1.1 学術講演会

本年度は,研究成果の発表・討論の場として第37回学術講演会を主催した。

第37回学術講演会

期日: 平成25年9月3日(火)~9月6日(金)
会場: 北海道大学(北海道)
大会実行委員長:二本正昭(中央大学)
現地実行委員長: 山本眞史 (北海道大学)
講演件数: 357件
セッション数: 50
参加者: 571名

1.2 研究会

第190回から195回までの6回の研究会を下記の通り開催した。

1)第190回 「生体物質の物理」

期日:平成25年5月24日(金)
会場:中央大学駿河台記念館(東京都)
参加者:12名

2)第191回 「ベリー位相とトポロジカル絶縁体」

期日:平成25年7月9日(火)
会場:中央大学駿河台記念館(東京都)
参加者:48名

3)第192回 「磁性薄膜形成技術の向上と新展開」

期日:平成25年11月19日(火)
会場:中央大学駿河台記念館(東京都)
参加者:35名

4)第193回 「スピンカロリトロニクス -磁気と熱の織り成す協調現象-」

期日:平成25年12月17日(火)
会場:中央大学駿河台記念館(東京都)
参加者:33名

5)第194回 「光や磁気を用いた3次元新機能デバイス」

期日:平成26年1月10日(金)
会場:中央大学駿河台記念館(東京都)
参加者:54名

6)第195回 「磁場が明らかにする科学現象と材料創製」

期日:平成26年3月17日(月)
会場:早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構ASMeW(東京都)
参加者:19名

1.3 講習会、公開講座

初等磁気工学講座、サマースクール、公開講演会を開催した。

第18回初等磁気工学講座

期日:平成25年7月16日(火)
会場:連合会館(東京都)
参加者:36名

第36回サマースクール

期日:平成25年7月17日(水)~ 19日(金)
会場:連合会館(東京都)
参加者:63名

第17回公開講演会「磁石の不思議な世界-聞いて、さわって、体験しよう-」

期日:平成25年9月7日(土)
会場:北海道大学
参加者:児童51名

第18回公開講演会「磁石の不思議な世界-聞いて、さわって、体験しよう-」

期日:平成26年3月15日(土)
会場:日本大学理工学部 駿河台校舎
参加者:児童50名

1.4 専門研究会

本年度はナノマグネティックス専門研究会、光機能磁性デバイス・磁性材料専門研究会、スピンエレクトロニクス専門研究会、化合物新磁性材料専門研究会、ナノバイオ磁気工学専門研究会および強磁場応用専門研究会を下記の通り開催した。

1) ナノマグネティックス専門研究会

回数 期日 会場 参加者
第52回 平成25年5月31日 中央大学駿河台記念館 23名
第53回 平成25年8月29日 中央大学駿河台記念館 18名
第54回 平成25年9月3日 北海道大学 140名
第55回 平成25年10月24,25日 福岡交通センタビル 25名
第56回 平成25年11月29日 中央大学駿河台記念館 21名
第57回 平成26年3月26日 中央大学駿河台記念館 11名

2)光機能磁性デバイス・材料専門研究会

回数 期日 会場 参加者
第17回 平成25年5月16日 日本大学理工学部 30名
第18回 平成25年12月9日 中央大学駿河台記念館 11名
第19回 平成26年1月10日 中央大学駿河台記念館 54名

3)スピンエレクトロニクス専門研究会

回数 期日 会場 参加者
第45回 平成25年7月9日 中央大学駿河台記念館 48名
第46回 平成25年11月11日 東北大学金属材料研究所 59名
第47回 平成25年12月17日 中央大学駿河台記念館 33名
第48回 平成26年3月26日 中央大学駿河台記念館 41名

4)化合物新磁性材料専門研究会

回数 期日 会場 参加者
第47回 平成25年5月24日 中央大学駿河台記念館 12名
第48回 平成25年6月7日 東京大学本郷キャンパス 28名
第49回 平成25年9月4日 北海道大学 31名

5)ナノバイオ磁気工学専門研究会

回数 期日 会場 参加者
第47回 平成25年7月19日 東工大田町キャンパス、Singapore、Korea 34名 (3カ国計)
第48回 平成25年8月29日 中央大学駿河台記念館 28名
第49回 平成25年9月5日 北海道大学 60名
第50回 平成25年11月21日 中央大学駿河台記念館 14 名

6)強磁場応用専門研究会

回数 期日 会場 参加者
第25回 平成25年9月9日 大阪大学 15名
第26回 平成25年11月19日 東北大学金属材料研究所 27名
第27回 平成25年11月22日 東邦大学片平キャンパス 52名
第28回 平成26年1月31日 大阪大学 16名
第29回 平成26年3月17日 早稲田大学ASMeW 19名

1.5 国際会議の主催、共催

下記の会合を主催または共同主催した。

1)International Symposium on Optical Memory 2013 (ISOM’13)

Songdo Global Academic Complex of Yonsei University
平成25年8月18日~22日

2)第24回IEEE磁気記録国際会議 (TMRC2013) IEEE Magnetics Society

東京工業大学蔵前会館
平成25年8月20日~22日

3)Magnetics and Optics Research International Symposium (MORIS2013)

大宮ソニックシティ
平成25年12月2日~5日

2.学会誌、その他の図書の刊行(定款4条2号)

Journal of the Magnetics Society of Japanを37巻3号より38巻2号まで計6回、また会報誌「まぐね」を8巻2号より9巻1号の計6回発行した。Journal of the Magnetics Society of Japanは論文に特化し、和文および英文論文を掲載した。「まぐね」は論説、解説、特集記事、連載講座など寄稿記事を中心に編集した。また、ICAUMS2012およびヨーク大-東北大合同シンポジウムに関してproceedingsの査読ならびに発行をおこなった。

1)Journal of the Magnetics Society of Japan

巻―号 発行年月日 内容(詳細は各号の目次参照)
37-3-1
37-3-2
平成25年5月1日 論文11件、総ページ数 58
論文46件(Selected Papers fromICAUMS2012, The 2nd International Conference of AUMS, The 36th Annual Conference on Magnetics in Japan)、総ページ数 201
37-4 平成25年7月1日 論文4件、総ページ数 24
37-5 平成25年9年1日 論文2件、総ページ数 9
37-6 平成25年11月1日 論文4件、総ページ数 35
38-1 平成26年1月1日 論文4件、総ページ数 19
38-2-1
38-2-2
平成26年3月1日 論文5件、総ページ数 21
論文7件(ヨーク大-東北大合同シンポジウム プロシーディングス)、総ページ数 35

2)会報誌「まぐね」

巻―号 発行年月日 内容(詳細は各号の目次参照)
8-2 平成25年4月1日 論説「奈良の堂塔から学ぶ」(阿部正紀)
特集「平成24年度日本磁気学会受賞者論文」
解説5件
新技術・新製品1件、総ページ数 62
8-3 平成25年6月1日 論説「何か足りない」(野澤忠生)
特集「分子磁性材料の新展開」トピックス5件
磁気研究よもやま話1件、総ページ数 50
8-4 平成25年8月1日 論説「向き合う」(伊良皆啓治)
特集「粉を固めて作る材料をめぐる最新の話題」解説2件、トピックス2件
総ページ数 42
8-5 平成25年10月1日 論説「電磁機器における実験と数値解析シミュレーション」(開道力)
特集「狭ギャップ半導体およびシリコンスピントロニクスの最近の話題」解説3件、トピックス1件
磁気研究よもやま話1件、総ページ数 50
8-6 平成25年12月1日 論説「埋もれた技術と埋もれなかった技術」(大橋啓之)
特集「永久磁石の応用の現状と展望」解説2件、トピックス2件、総ページ数 62
9-1 平成26年2月1日 論説「思い出すこと,思いつくこと」(隅山兼治)
特集「産学官連携のさらなる活性化に向けて―現状と課題―」解説2件、トピックス3件
磁気研究よもやま話1件、総ページ数 54

3)図書出版

出版ワーキンググループの活動として、現代講座・磁気工学(教科書シリーズ)を1冊刊行し、マグネティクス・ライブラリ(参考書シリーズ)刊行の活動を継続するとともに新たにマグネティクス・イントロダクション(啓発書シリーズ)を立案し企画を進めた。また、磁気便覧の刊行にむけた支援活動を継続した。

4)ISI申請

平成22年4月にThomson Reuter運営のISIに Journal of the Magnetics Society of Japanを申請したが、同年8月に登録不可の通知を受けた。平成28年に再申請・取得をめざした取り組みとして平成26年1号より論文を英文化するとともに、国際会議のプロシーディングス発行、昨年度より実施した電子ジャーナルのOPEN ACCEESSを継続するなどの施策を進めている。

3.研究および調査の実施(定款4条3号)

3.1 電子化の推進

会員サービスの拡大のための技術情報サービスやメールマガジンの充実を図った。

3.2 会員獲得のための広報活動強化

各種会合,講演会,展示会などにおける学会広報活動を強化し,ポスターや入会案内パンフレットなどによる会員入会勧誘を積極的に推進した。

3.3 ホームページの充実

学会ホームページのリニューアルやQ&Aなどのコンテンツの充実などの検討を行った。

4.研究の奨励及び研究業績の表彰(定款4条4号)

平成25年度学会賞、業績賞、優秀研究賞、論文賞、出版賞、学術奨励賞、技術功労賞、学生講演賞および学会活動貢献賞の表彰を下記の通り行った。
(学会賞,業績賞,優秀研究賞:二本正昭委員長、出版賞,論文賞,学術奨励賞:佐藤敏郎委員長、学生講演賞,技術功労賞,新技術・新製品賞, 学会活動貢献賞:高野良紀委員長)

学会賞:
松木 英敏 氏(東北大学) 「磁気利用エネルギー伝送技術の展開」
業績賞:
宝野 和博 氏(物質・材料研究機構)「磁性材料の微細構造と磁気特性に関する研究」
佐久間 昭正 氏(東北大学)「機能性磁性材料に関する電子論的研究」
優秀研究賞:
田口 仁 氏 (TDK) 「高性能Srフェライト磁石の開発と量産化」
白石 誠司 氏(大阪大学) 「Ⅳ族半導体への室温スピン注入と純スピン流輸送物性の研究」
岡本 聡 氏(東北大学) 「超高密度磁気記録のための磁気物性および磁化ダイナミクスの研究」
論文賞:
1 .『Thermally assisted magnetic recording applying optical near field with ultra short-time hating』
中川 活二氏、田尻 集氏*、田村 京介氏*、鳥海 紳悟氏*、芦澤 好人氏、塚本 新氏、伊藤 彰義氏、佐々木 有三氏*、斉藤 伸氏*、高橋 研氏*、大貫 進一郎氏(日本大学、*東北大学) J.Magn.Soc.Jpn., 37, 119-122 (2013).
2. 『Effect of Perpendicular Magnetic Anisotropy on the High Frequency Soft Magnetic Properties of Co-Al-N Films』
木嶌 英恵氏、大沼 繁弘氏*、増本 博氏(東北大学、*電磁材料研究所)
J.Magn.Soc.Jpn.,36, 287-292 (2012)
3.『正方晶Co-Fe合金の磁気異方性に関する理論的検証』
小田 洋平氏、佐久間 昭正氏 J.Magn.Soc.Jpn. 37, 17-23 (2013).
出版賞:
『磁性の電子論』 (磁気学会編 マグネティクスライブラリ2 共立出版)佐久間 昭正氏
学術奨励賞(内山賞):
椊田(そねた)和希氏 (中央大学)、野沢 直樹氏(東北大学)、荒井 礼子氏(産総研)、金森 周矢氏(金沢大学)、石井 聡一氏(東北大学)、田中 秀明氏(東北大学)
学生講演賞(桜井講演賞):
石田 尚子氏(慶応大学)、古田 正樹氏(東北大学)、樋口 雄一氏(九州大学)、植田 正輝氏(東北大学)、大島 大輝氏(名古屋大学)、飯浜 賢志氏(東北大学)鎌田 真之(愛媛大学)、佐藤 知徳(電通大学)
新技術・新製品賞:
1.『NAND型フラッシュメモリを搭載したHDD「ハイブリッド ドライブ」
(株)東芝セミコンダクター&ストレージ社ストレージプロダクツ事業部ハイブリッドドライブ企画・開発チーム
2.『垂直磁気記録媒体用Ru下地層/CoPt合金-酸化物グラニュラ磁性層材料の開発』
彦坂 和志氏、及川 壮一氏(㈱東芝セミコンダクター&ストレージ社)、竹野入 俊司氏、渡辺 貞幸氏、上住 洋之氏(富士電機㈱)
学会活動貢献賞:
中山 忠親氏 (長岡技術科学大学)、冨田 知志氏(奈良先端科学技術大学院大学)

5.内外の関連学協会との連絡及び協力(定款4条5号)

5.1 共催、後援、協賛

1)下記の会合を共催した(開催日順)。

1)CREST・さきがけ「元素戦略」領域合同第1回シンポジウム
(独)科学技術振興機構 東京国際フォーラム 2013年11月29日

2)下記の会合を後援した(開催日順)。

1)ナノ学会第11回大会 ナノ学会
東京工業大学百年記念館 2013年6月6日~8日
2)ヨーク大・東北大合同シンポジウム 英国ヨーク大学・東北大学
ヨーク大学 2013年6月10日~12日
3)元素戦略プロジェクト研究会 文部科学省元素戦略プロジェクト
中央大学 駿河台記念館 2014年1月11日

3)下記の会合を協賛した(開催日順)。

1) 2013日本時計学会春季研究会 一般社団法人日本時計学会
中央大学後楽園キャンパス 2013年4月19日
2) 第25回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム (SEAD25 in箱根)
(一社)日本機械学会
箱根ホテル小涌園 2013年5月15日~17日
3)トライボロジー会議2012春 (一社)日本トライボロジー学会
国立オリンピック記念青少年総合センター 2013年5月20日~22日
4)第30回希土類討論会 日本希土類学会
北九州国際会議場 2013年5月23日~24日
5)界面磁気科学シンポジウム 界面磁気科学シンポジウム実行委員会
電力中央研究所 2013年5月27日
6)第12回アジア太平洋物理学会(APPC12) 日本物理学会・応用物理学会
幕張メッセ 2013年7月14日~19日
7)2013磁気応用技術シンポジウム (一社)日本能率協会
東京ビックサイト 2013年7月17日~19日
8)第41回薄膜・表面物理セミナー 応用物理学会薄膜・表面物理分科会
東京工業大学田町キャンパス 2013年8月6日~7日
9)日本物理学会2013年度科学セミナー (一社)日本物理学会
東京大学本郷キャンパス小柴ホール 2013年8月22日~23日
10)平成25年度高専女子フォーラムin関西 (独)国立高等専門学校機構
新大阪丸ビル別館 2013年8月30日
11)第32次モータ技術フォーラム (一社)日本能率協会
日本能率協会研修室他 2013年8月~2014年3月
12)2013年度マイクロメカトロニクス学術講演会 (一社)日本時計学会
中央大学理工学部後楽園キャンパス 2013年9月10日
13)第26回秋季シンポジウム特定セッション 日本セラミックス協会
信州大学 2013年9月4日~6日
14)第37回結晶成長討論会 日本結晶成長学会
長野勤労いこいの村アゼィリア飯綱 2013年9月25日~27日
15)トライボロジー会議2013秋 (一社)日本トライボロジー学会
アクロス福岡 2013年10月23日~26日
16)2013年真空・表面科学合同会議 日本真空協会・日本表面科学会
つくば国際会議場 2013年10月26日~28日
17)第23回RCJ信頼性シンポジウム (一財)日本電子部品信頼性センター
産業プラザ(PIO) 2013年10月30日~31日
18)日本金属学会 分科会シンポジウム (公社)日本金属学会
東北大学金属材料研究所 2013年11月6日
19)第16回ミレニアム・サイエンス・フォーラム
ミレニアム・サイエンス・フォーラム事務局
英国大使館 2013年11月13日
20)日本希土類学会第31回講演会 日本希土類学会
ホテルルブラ王山 2013年11月15日
21)2013年秋季研究会 (一社)日本時計学会
中央大学後楽園キャンパス 2013年11月15日
22)平成25年度磁性流体連合後援会 磁性流体研究連絡会
富山県民会館 2013年11月15日~16日
23)第56回自動制御連合後援会 一般社団法人日本機械学会
新潟大学 2013年11月16日~17日
24)第26回国際超電導シンポジウム (公財)国際超電導産業技術研究センター
タワーホール船堀 2013年11月18日~20日
25)International Workshop on Novel Superconductors and Super Materials 2013 (NS2 2013) by FIRST Program 東京工業大学
The Grand Hall 2013年11月21日~22日
26)第42回薄膜・表面物理基礎講座 (公社)応用物理学会薄膜・表面物理分科会
東工大蔵前会館ロイアルブルーホール 2013年11月25日
27)第22回ポリマー材料フォーラム (公社)高分子学会
タワーホール船堀 2013年11月28日~29日
28)第22回MAGDAコンファレンスin宮崎 日本AEM学会
宮崎観光ホテル 2013年12月2日~3日
29)平成25年度高専女子フォーラム (独)国立高等専門学校機構
学術総合センター 2013年12月23日
30)日本金属学会セミナー (公社)日本金属学会
ソラシティカンファレンスセンター 2013年12月26日
31)元素戦略/希少金属代替材料開発第8回合同シンポジウム
元素戦略/希少金属代替材料開発合同戦略会議
ベルサ神田2階ホール 2014年2月25日
32)先端計測2014
日本学術会議総合工学委員会・電気電子工学委員会IMEKO委員会
日本学術会議講堂 2014年3月11日
33)シンポジウム モバイル’14 特定非営利活動法人モバイル学会
立命館大学びわこくさつキャンパス 2014年3月13日~14日
34)平成25年度高専女子フォーラムin四国 (独)国立高等専門学校機構
アルファあなぶきホール 2014年3月21日

5.2 国際化

8thAUMSカウンシル会議を平成25年7月21日にHoward Taichung Hotel(Taichung, Taiwan)にて開催し、9thAUMSカウンシル会議を平成25年12月14日にSheraton Haikou Resort(Haikou, China)にて開催した。会長交代(Prof. Ching-Ray Chang→Prof. Shaoxiong Zhou)、DL選定(Prof. M. Takahashi)、IcAUMS2014開催詳細事項を議決した。

Ⅱ 処務の概要

1 会議

平成25年4月1日から平成26年3月31日の間に下記の会議を開催した。

1)総会

本年度は平成25年5月17日に通常総会を行い下記議案が審議され、原案通り可決された。
通常総会審議事項:平成24年度事業報告、平成24年度収支決算報告、平成25年度事業計画、平成25年度収支予算、名誉会員の推薦などの議案が審議され、原案通り可決された。報告事項として平成23年度決算の記載修正および日本磁気学会の現状が報告された。

2)顧問会

下記期日に開催した。
平成24年9月4日

3)理事会

下記期日に開催した。
平成25年4月23日、平成25年5月17日、平成25年7月17日、
平成25年11月14日、平成26年1月30日、平成26年3月13日

4)諸委員会

総務委員会 4回、 財務委員会 4回、 企画委員会 8回
編集委員会 10回、 広報委員会 2回、 国際化委員会 1回
学会賞、業績賞、優秀研究賞選考委員会 2回
論文賞、学術奨励賞(内山賞)選考委員会2回、
学生講演賞、新技術・新製品賞、学会活動貢献賞選考委員会 3回(メール審議)
出版賞選考委員会 2回

5)その他

名誉会員と現役役員との懇談会を平成25年9月4日に、また賛助会員懇談会を平成25年9月5日に開催した。
学会活動の活発化を目標に、会長を中心とした学会改革ワーキンググループを組織して、改革案を検討してきた。その成果を今後の各種行事に波及させるよう行動を開始した。

2 契約に関する事項

契約案件一覧

契約年月日 相手方 契約の内容 期間
平成23年3月26日 韓国磁気学会 相互協力に関する合意 5年
平成24年4月1日 学協会著作権協議会 複写に関わる権利委託 5年
平成24年12月2日 台湾磁気技術協会 相互協力に関する合意 5年
平成25年4月1日 学術情報学研究所 電子図書館サービス 1年
平成25年4月1日 高垣公認会計士
税理士事務所
決算の監査 1年
平成25年4月1日 H. & T. Silvasty 日本磁気学会誌英文、リライト 1年
平成25年6月1日 (株)科学技術社 学会誌の広告に関する代理業務 1年
平成25年12月1日 (株)国際文献印刷社 日本磁気学会誌印刷 1年
平成25年3月12日 東京書庫(株) 文書の保管および運搬 1年
平成24年5月28日 三井住友海上
火災保険(株)
事務所の賃貸権 2年

Ⅲ 会員の異動状況

会員種別 員 数
本年度末現在
(平成26年3月31日現在)
前年度末現在
(平成25年3月31日現在)
増減
正会員 1,681 1,721 -40
賛助会員 74 72 +2
学生会員 450 431 +19
名誉会員 45 43 +2