トップページ > 学術講演会・研究会 > 研究会 > 過去の研究会 > 第207回研究会/ 第35回強磁場応用専門研究会 第59回磁気工学専門研究会

第207回研究会/ 第35回強磁場応用専門研究会 第59回磁気工学専門研究会

溶液系の磁場効果とその利用-磁気マイクロフルイド,磁気分離

 近年の強磁場発生技術の発展に伴い,比較的容易に10テスラ以上の高磁場が得られるようになってきています.この高磁場を利用することで,今までに見えて来なかった反磁性・弱磁性物質への磁場効果が明らかになってきました.今研究会では,「溶液系への磁場効果」をトピックに,「化学反応・溶液構造への磁場効果」,「磁場が生み出す奇異な溶液流れの状態」の研究を紹介します.化学反応では,電気化学反応や光化学,バイオへの磁場効果と新マテリアルの形成を中心に,磁気対流では,マイクロフルイドチップや磁気分離の応用化を見通した講演,さらには磁気による非粘性流の振る舞いの新現象のご講演を用意しました.また本研究会では,これら各種磁場効果の汎用性や発展性を議論のため,磁場利用を考えている今後の研究者のために,比較的長い質疑時間を設けています.多くの方のご参加をお待ちしております.

日時:
2016年3月18日(金)13:30 ~ 18:15
場所:
早稲田大学研究開発センター120-5号館-121会議室
(東京都新宿区早稲田鶴巻町513番地)
URL:http://www.all-nano.waseda.ac.jp/nanolife/contact.html
参加費:
無料(研究会資料予約購読者,学生)
2,000円(会員,協賛会員)
4,000円(非会員)
資料代:
1,000円(会員,協賛会員,非会員,学生)
協賛:
IEEE MAG-33 Sendai/ Tokyo/ Shin-Etsu/ Nagoya/ Kansai Chapters,日本磁気科学会,電気化学会,低温工学・超電導学会,電気学会,日本化学会,日本物理学会, 日本表面科学会,早稲田大学応用物理研究室
問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
URL:https://www.magnetics.jp/event/research/topical_207/
オーガナイザ:
田中真人(産総研),吉田 敬(九大),杉山敦史(早大) (五十音順)
プログラム

座長:田中真人(産総研)
13:30 – 14:15
磁気力による流体中の物質の運動の解析

○岡田秀彦(物材機構)

14:15 – 15:00
磁気分離による水処理の新たな領域開拓の可能性

○酒井保蔵(宇都宮大)

 
休憩と談義(30分)

15:30 – 16:15
「マイクロフルイドチップのための溶液駆動への磁場利用」

○青柿良一(物材機構)

16:15 – 17:00
「電気化学における磁気対流と電析への効果」

○森本良一(埼玉県庄和浄水場)

17:00 – 17:45
「化学反応,溶液構造への磁場効果」

○若狭雅信、矢後友暁(埼玉大)

 
談義(30分)

当学会では,研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております.