トップページ > 学術講演会・研究会 > 研究会 > 過去の研究会 > 日本磁気学会 第200回研究会/第51回化合物新磁性材料専門研究会

日本磁気学会 第200回研究会/第51回化合物新磁性材料専門研究会

磁性材料の作製と評価手法
~ 大型実験施設を用いた材料評価 ~

材料評価方法は、実験室ベースと大型実験施設ベースに分けられます。今回の研究会では、普段なじみの薄い大型実験施設を用いた材料評価を紹介します。例えば、大型放射光施設SPring-8などで行われる放射光実験、並びに、大強度陽子加速器実験施設J-PARC物質・生命科学実験施設MLFなどで行われている中性子実験及びミュオン実験にフォーカスしています。

研究会では、磁性材料作製の専門家から最近のトレンド及び試料評価手法として放射光・中性子・ミュオンに期待することを紹介していただきます。続いて、放射光・中性子・ミュオン実験手法について各専門家からそれぞれの実験手法でどのような結果が得られるのかを紹介していただきます。研究会には、J-PARC/MLFの見学ツアーを企画しています。研究会並びにJ-PARC/MLF見学ツアーを通じて、大型実験施設の利用に興味を持っていただけましたら幸いです。多くの方のご参加をお待ちしております。

日時:
2015年1月13日(火)13:00 ~ 1月14日(水) 12:10
場所:
いばらき量子ビーム研究センター B101室 (茨城県那珂郡東海村白方162-1)
URL:http://www.cross-tokai.jp/ja/visit/
参加費:
無料(研究会資料予約購読者,学生)
2,000円(会員,協賛会員)
4,000円(非会員)
資料代:
1,000円(会員,協賛会員,非会員,学生)
事前登録:
事前登録:J-PARC/MLF見学ツアーご希望の方は、
下記URLより12月19日までにご登録願います。
URL: http://www.cross-tokai.jp/ja/research/events/2015/v15001
なお、見学ツアー不参加の方は当日受付可能です。
【重要】宿泊を希望される方は各自でお手配ください。
下記JR勝田駅周辺の情報をご参照ください。
 
テラスイン勝田
Tel:029-219-7211
URL:http://www.terrace-inn.com/
 
ホテルクリスタルプラザ
Tel:029-275-1111
URL:http://www.crystal-plaza.co.jp/
 
ライフイン勝田駅西
Tel:029-270-0333
URL:http://www.lifeinn.jp/index-katsuta.shtml
協賛:
応用物理学会,J-PARCセンター,中性子産業利用推進協議会,電気学会,日本金属学会,日本中間子科学会,日本中性子科学会,日本鉄鋼協会,日本ボンド磁性材料協会,日本物理学会,日本放射光学会,CROSS東海(全て依頼中)
問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
URL:https://www.magnetics.jp/event/research/topical_200/
オーガナイザ:
上原政智(横国大),大石一城(CROSS),小嗣真人(SPring-8)
プログラム
1月13日(火)

座長:上原政智(横国大)
13:00 – 13:15
「はじめに-J-PARCの紹介-」
○大石一城(CROSS)
13:15 – 13:55
「磁性材料の作製(磁性材料のトレンド、放射光・中性子・ミュオンに期待すること)」
○庄司哲也(文科省)
13:55 – 14:35
「光電子顕微鏡を用いた表面界面磁性研究」
○小嗣真人(SPring-8)
 
休憩(10分)
座長:大石一城(CROSS)
14:45 – 15:25
「中性子反射率法による埋もれた界面の構造評価」
○武田全康(JAEA)
15:25 – 16:05
「ミュオンによる材料評価(薄膜・界面)」
○小嶋健児(KEK)
 
移動(15分)
16:20 – 17:20
大強度陽子加速器施設J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)見学ツアー
(中性子ビームラインおよびミュオンビームライン)

1月14日(水)

座長:小嗣真人(SPring-8)
9:00 – 9:45
「放射光による材料評価」
○小野寛太(KEK)
9:45 – 10:30
「X線磁気コンプトン散乱による強磁性材料評価の新視点」
○櫻井吉晴(SPring-8)
 
休憩(10分)
座長:大石一城(CROSS)
10:40 – 11:25
「中性子小角散乱法による磁性材料評価」
○鈴木淳市(CROSS)
11:25 – 12:10
「偏極パルス中性子を用いた磁性材料内部の磁場分布の可視化」
○篠原武尚(JAEA)

当学会では、研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております。