トップページ > 学術講演会・研究会 > 研究会 > 過去の研究会 > 日本磁気学会 第199回研究会/第54回ナノバイオ磁気工学専門研究会

日本磁気学会 第199回研究会/第54回ナノバイオ磁気工学専門研究会

ワイヤレスエネルギー伝送技術
~ 磁気工学の役割とバイオ医療応用 ~

ワイヤレスエネルギー伝送技術は、既に広く実用されています.磁場は、多少の渦電流損失があるものの、人体を透過します.磁気共鳴画像診断装置(MRI)の利点のひとつである、頭蓋骨、骨盤などの周辺部でも骨の影響を受けにくい撮像が可能なことには、磁場の透過性が活かされています.また、比較的大きなエネルギー密度で体内にエネルギーを送り込むことが可能であり、発熱、輸送、給電など、医療に適用可能な現象や技術が検討されています.2007年にMITの研究グループが磁界共鳴方式の実験結果を発表してからは、電気自動車(EV)用給電等のワイヤレスエネルギー伝送技術の研究開発がさらに活発になっています.本研究会では、電磁誘導を主に利用するバイオ医療応用や磁界共鳴方式など、ワイヤレスエネルギー伝送技術に関連する最新の研究動向と今後の展望を討論します.多くの皆様方のご参加をお待ちしております.

日時:
2014年12月8日(月) 13:00 ~ 16:55
場所:
中央大学駿河台記念館 330号室 (東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
TEL:03-3292-3111 (記念館事務室)
URL:http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
参加費:
無料(研究会資料予約購読者,学生)
2,000円(会員,協賛会員)
4,000円(非会員)
資料代:
1,000円(会員,協賛会員,非会員,学生)
共催:
IEEE Mag. Soc. Japan Chapter
協賛:
応用物理学会、磁性流体研究連絡会、電気学会、ナノ学会、日本金属学会、日本磁気科学会、
日本生体医学工学会、日本生体磁気学会、日本セラミックス協会、日本ハイパーサーミア学会、
粉体粉末冶金協会
問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
URL:https://www.magnetics.jp/seminar/topical/199.html
オーガナイザ:
竹村泰司(横国大)、吉田 敬(九大)

プログラム:

座長:松木英敏(東北大)

13:00 – 13:45
「がん誘導加温治療を目指したワイヤレス給電によるがんダブルパンケーキ形アップリケータ」
○山田外史 (金沢大)
13:45 – 14:30
「体内ロボット用ワイヤレスエネルギー伝送」
○水野 勉、卜 穎剛、水間 淳一郎 (信州大)
 
休憩(10分)

座長:笹田一郎(九大)

14:40 – 15:25
「磁界を利用するエネルギー伝送と医療応用」
○松木英敏、佐藤文博 (東北大)
15:25 – 16:10
「磁界共振結合によるワイヤレス電力伝送とEVへの応用」
○居村岳広、堀 洋一 (東大)
16:10 – 16:55
「電磁界を利用するエネルギー伝送 -電界結合と磁界結合の観点から-」
○平山 裕 (名工大)

当学会では,研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております。