トップページ > 技術情報 > 磁気に関するQ&A > 磁気応用(中・上級)

磁気応用(中・上級)

Question
Q1.
電磁波シールド材にはどんなものがありますか?

Answer

Q 1
電磁波シールド材にはどんなものがありますか?
A 1.

パソコン、携帯電話、ディスプレイ、磁気記憶装置、各種のアンテナなど、いわゆる電子機器やデバイスの近くに電磁波が発生すると、機器の誤動作やデ-タの消失を引き起こしてしまうため、大きな問題となっております。 また、近年では、電磁波の人体への影響も大きく取り上げられており、アレルギー作用が発生しているケースも報告があります。そのため、電磁波をシールド(遮蔽)する対策がいくつか挙げられます。
電磁気シールドは、板状金属や繊維、プラスチックなどの素材に対して、めっきや真空蒸着などのコーティングにより膜を形成して作製していることが主です。
パソコンのプラスチックケースは、軽量で複雑な形状が低コストで実現できるという利点がありますが、そのままですと電磁波を透過させてしまいます。 このため、プラスチック表面を導電させることで電磁波を遮断させています。図には、無電解めっきにより電磁波シールド性を付加した例です。エンジニアリングプラスチックの上に、ニッケル-リン合金(Ni-P合金)と銅といった多層構造を無電解めっきにより作製しています。銅を150μm程度厚くつけることで、電磁波シールド性のよいパソコンケースが得られています。

電磁波シールドの例

(独)産業技術総合研究所 廣瀬伸吾