磁気記録

144.01
2018年に16テラバイトの3.5インチHDDが出荷開始予定
143.01
磁気モーメントの渦の運動が可能にする省エネルギー情報記録
140.01
世界最大容量12テラバイトのハードディスクドライブ
137.01
Recessed Pinned Layer構造をもつHDD再生ヘッド
137.02
イプシロン型酸化鉄のナノ磁性粉を用いた磁気テープ開発に成功
135.02
高集積・高歩留まり2Mビット容量の
磁気ランダムアクセスメモリ(STT-MRAM)の実証実験に成功
131.03
マイクロ波によってアシストされた磁化多層膜の層選択磁化反転
131.01
MAMRヘッドのマイクロ波発振効率を劇的に高める新しいSTO構造
126.01
In-Zn-Oスペーサを用いたCPP-GMR素子
123.01
ノンローカルスピンバルブ素子の出力を大幅に向上させる磁性3端子構造の提案
122.02
磁気テープの世界最高密度の記録技術を開発
119.01
トンネル磁気抵抗素子を用いたマイクロ波アシスト磁化反転の観測
105.02
CoCrPtグラニュラー膜におけるマイクロ波アシスト磁化反転
104.01
岩崎俊一博士 文化勲章を受章
103.02
第24回IEEE磁気記録国際会議(TMRC 2013)報告(その2)
-複数の磁気抵抗素子を用いた磁気再生方式-
103.01
第24回IEEE磁気記録国際会議(TMRC 2013)報告(その1)
-各技術の適用時期についてのアンケート投票結果-
95.01
高周波磁場アシストにより強磁性ナノ粒子の反転磁界の大幅な低減に成功
90.02
Intermag2012報告(磁気記録分野を中心に)
86.01
交換結合スイッチ層を有する三層構造の熱アシスト磁気記録媒体
86.02
斜め磁気異方性を有する磁気記録媒体の作製技術の開発に成功
76.02
超高密度HDDに向けたマイクロ波アシスト記録の基本技術を開発
73.01
差動型再生ヘッドによる高分解能再生の実証
72.01
熱アシスト磁気記録可能なFePtナノ粒子媒体構造を実現
72.02
放射光学会第2回若手研究会「顕微分光のフロンティア」
68.02
先端磁性材料研究会第3回研究会「パターン媒体の先端技術開発とナノ磁気イメージングからのアプローチ」
68.03
第170回研究会(第4回光機能磁性デバイス・材料専門研究会)「光と磁気のシナジー技術」~次世代ストレージ・光機能磁性デバイス実現のための新技術動向~
67.01
熱アシスト記録方式に向けた記録ヘッドの基本技術を開発
65.02
IBMと富士フイルムがリニア方式磁気テープの世界最高記録密度を達成
64.06
Seagate 厚さ7mmの薄型2.5インチHDDを発表
58.01
富士通と大阪大学が面内磁化回転型スピントルクオシレータにてマイクロ波発振を確認
58.02
第165回磁気学会研究会(第28回ナノマグネティックス専門研究会)「極限状態の磁気ストレージ(超テラビット記録への挑戦)」
52.01
Effects of Ru underlayer on microstructures and magnetic properties of Co72Pt28 thin films
51.01
強磁性薄膜パターンにおけるマイクロ波アシスト磁化反転過程の詳細
50.01
10テラビット/平方インチの可能性
49.01
熱アシスト磁気記録媒体にL10構造Fe-Pt規則合金を適用
48.01
富士電機がHDD向けECC媒体を量産開始
44.02
ファイルとストレージ技術に関するUSENIX会議、開催される
41.01
Kerr効果顕微鏡によるマイクロ波アシスト磁気スイッチングの検討
39.02
規則的に配列されたパターンドメディアの記録・再生に成功
39.03
ディスクリートトラックレコーディング(DTR)技術を用いた120GB1.8インチHDDの試作に成功
38.01
スパッタ法による平坦なAl薄膜の作製
37.01
近接場光を利用して1Tbpsiの磁気記録を達成
37.03
CoCrPt-SiO2垂直媒体の性能に対する2重記録層の効果
35.01
複素帯磁率測定による異方性分散評価
35.02
電子情報通信学会2007年総合大会(磁気、ストレージ関連)概要
35.03
高感度HDD用TMRヘッド
35.04
パルスDC電着により作製したhcpおよびfcc Coナノワイヤ
32.01
FePtナノ粒子の新しい熱処理法
32.03
電子情報通信学会 磁気記録・情報ストレージ研究会 概要
31.03
高密度ハードディスク向けアルミナナノホール列の形成に成功
31.04
磁気ヘッド材料最適化により、記憶容量を3倍に高める基盤技術を開発
29.01
ASIST-8 概要
29.02
熱アシスト磁気記録ヘッド用の光素子の開発に成功
27.01
(GaMn)Asの単一電子トランジスタにより、電気抵抗が100倍変化する磁気抵抗効果を確認
26.01
相変化材料を用いた高密度記録実験
26.02
電子情報通信学会 磁気記録・情報ストレージ研究会 概要
25.03
東芝、世界最高密度のHDDを開発
24.03
バリウムフェライト磁性体を用いた磁気テープ媒体の開発
24.04
不揮発性メモリ(MRAM)の基盤技術を確立
23.01
電子情報通信学会2006年総合大会(磁気、ストレージ関連)概要 -その2-
23.03
磁壁ダイナミクスの実時間観測
22.04
2006年電子情報通信学会総合大会(2006/3/24-27)
20.01
熱アシスト記録におけるL10 FePtナノ粒子のスピンダイナミクス
20.03
室温におけるナノコンタクトプリント技術
18.04
MMM会議における垂直磁気記録媒体に関連した発表について
17.05
ナノスケール磁性ロッドによるパターン形成
17.06
10月の磁気記録(MR)専門研究会(岡山大学)
15.02
第25回武井セミナー開催さる(第25回武井セミナー(2005.7.15-16))
15.03
CCPセンサーからTMRセンサーおよび垂直磁気記録へ話題のシフトが進む(TMRC2005 (The 16th Magnetic Recording Conference)、Stanford University (2005.8.15-17))
14.01
FePt規則合金ナノ粒子の合成(京大化研・小野研究室ほか)
14.05
ハワイで光メモリの国際シンポジウムが開催される
14.06
磁気記録研究会設立40周年記念大会が開催される
13.07
アルミナナノホールの一次元配列化を実現 ( 富士通(株)の6/27プレスリリース )
12.03
世界初、垂直磁気記録HDDを搭載したHDDオーディオプレイヤーが発売 (プレスリリース)
12.05
製品化にともない垂直磁気記録媒体の発表内容が大きく変わりつつある (Intermag名古屋)
11.03
ハーフメタルを使用した磁気ヘッドの実現可能性が見えてきた (Intermag2005から)
11.04
記録ヘッド材料に大きな進展 – [FeCo/Pd]積層膜でBs=2.57Tを達成 (Intermag2005から)
09.01
IBMが3次元高集積磁気メモリのアイデアを披露
09.04
超高密度磁気記録の更なる飛躍を目指して
07.03
Ku磁性薄膜、熱アシスト磁気記録の最近の進展
06.04
近接場光による高密度光ディスク
05.03
室温で230%のTMR 比を実現-磁気ヘッドへの適用も視野に
05.04
Hard/Softスタック垂直磁気記録媒体
04.06
特許関連情報(特許出願技術動向調査「高記録密度ハードディスク装置」)
03.03
シーゲート社HDD新製品12機種を一挙発表
>>シーゲート発表資料(PDF: 243KB)
03.04
垂直記録媒体の新規な提案TIM
03.05
新しいタイプの垂直磁気記録媒体
02.06
垂直磁気記録用単磁極ヘッドの1GHz以上での高周波応答測定
02.07
「マルチフェロイック/キラル物質の物性」研究会が開催される
01.01
垂直磁気記録の研究者、世界より仙台に集まる!
01.03
イオンドープ法によるFePt規則相の形成
01.04
垂直磁気記録媒体用軟磁性裏打ち層の形成技術に新しい手法
01.07
熱アシストSFM面内磁気記録:超高密度記録の検討