トップページ > 専門研究会 > スピンエレクトロニクス専門研究会 > 第65回スピンエレクトロニクス専門研究会

第65回スピンエレクトロニクス専門研究会

第65回スピンエレクトロニクス専門研究会
共催:応用物理学会スピントロニクス研究会
科学研究費補助金「新学術領域研究」ナノスピン変換科学

テーマ:
反強磁性スピントロニクスの新展開
開催日時:
2017年11月22日(水)13:00-17:25
場所:
中央大学駿河台記念館 570号室(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
世話人:
水口将輝(東北大),大谷義近(東大),高梨弘毅(東北大),土井正晶(東北学院大)
問い合わせ先:
水口(東北大)
mizuguchi_at_imr.tohoku.ac.jp (_at_を@へ変更してください)

近年,反強磁性体を用いたスピントロニクスの研究が注目されており,その物理の解明と素子への応用が期待されています.今回は、反強磁性体における磁化制御・ダイナミクスや,輸送現象,回路応用などの研究に焦点を当てて講師の先生方をお招きし,最新のご研究を紹介頂きます.

プログラム
13:00-13:05
オープニングアドレス
○水口将輝(東北大)
13:05-13:45
「反強磁性/強磁性ヘテロ構造におけるスピン軌道トルク磁化反転と人工神経回路網応用」
○深見俊輔, William A. Borders, Aleksandr Kurenkov,
張 超亮, Samik DuttaGupta, 大野英男(東北大)
13:45-14:25
「反強磁性磁化のスピントルク制御」

○森山貴広, 小田研人, 田中健勝, 小野輝男 (京大)
14:25-15:05
「電子スピンを用いた反強磁性磁化制御」

○家田淳一1, 山根裕太2, Jairo Sinova3, 前川禎通1
(1原子力機構, 2理研, 3JGU Mainz)
15:05-15:25
休憩(20分)

15:25-16:05
「ワイル反強磁性体における異常輸送現象」
○中辻 知1、冨田崇弘1、肥後友也1、木俣 基2、近藤浩太3
大谷義近1、有田亮太郎3(1東大, 2東北大, 3理研)
16:05-16:45
「フェムト秒光パルスを用いた反強磁性体の超高速制御」
○佐藤琢哉 (九大)
16:45-17:25
「電気磁気効果による界面反強磁性スピン反転とそのダイナミクス」
○白土 優 (阪大)

参加費:無料 ※事前受付はありません