トップページ > 学会について > 国際交流 > Asian Union of Magnetics Societies (AUMS)

Asian Union of Magnetics Societies (AUMS)

アジア諸国の磁気関連学会の交流、連携を目的として2008年、以下4学会により設立された組織です。
日本磁気学会(Magnetics Society of Japan: MSJ)
韓国磁気学会(Korean Magnetics Society: KMS)
台湾磁気技術協会(Taiwan Association of Magnetic Technology: TAMT)
中国磁性材料および応用学会(Chinese Society of Magnetic Materials and Application: CSMMA)
 定期的なCouncil Meetingの他、2年毎に開催される国際会議International Conference of Asian Union of Magnetics Societies (IcAUMS)を主催しています。

初代AUMS Presidentは、AUMSの発足を推進、ご尽力された高橋研先生が務められました。その後、
2012-2013年 Ching-Ray Chang(TAMT)
2014-2015年 Shaoxiong Zhou(CSMMA)
2016-2017年 Kyung-Ho Shin(KMS)
と引き継がれています。

現在の日本磁気学会からのAUMS Council Memberは以下の3名です。
中川活二(日本大学) AUMS Vice President
喜々津哲(東芝)
竹村泰司(横浜国立大学)

・Asia Forum on Magnetics(アジアフォーラム)からThe Asian Union of Magnetics Societies (AUMS)へ

・International Conference of Asian Union of Magnetics Societies (IcAUMS)