トップページ > 刊行物 > バックナンバー

バックナンバー

日本磁気学会が発行する出版物は、在庫切れにならない限り、2年間は保管するようにしております。
下記資料(~最新号まで)について、ご入用の方はFAXまたはE-mailにより事務局までお問い合わせ下さい。
折り返し、在庫の有無と価格(送料別・実費)をお知らせします。

※代金は先払いです。

  会 員 非会員
まぐね冊子 / 学会誌CD(1号毎) 2,000円 2,000円
学会誌CD(1巻毎) 10,000円 10,000円
研究会資料 2,000円 4,000円
学術講演会概要集 5,000円 8,000円
岩崎コンファレンス資料 2,000円 2,000円
(価格は消費税込み)

過去2年間の出版物リスト

まぐね

2015年10巻 1号 (2月発行) 2号 (4月発行)
3号 (6月発行) 4号 (8月発行)
5号 (10月発行) 6号 (12月発行)
2016年11巻 1号 (2月発行) 2号 (4月発行)
3号 (6月発行) 4号 (8月発行)
5号 (10月発行) 6号 (12月発行)
2017年12巻 1号 (2月発行) 2号 (4月発行)
3号 (6月発行) 4号 (8月発行)
5号 (10月発行)

Journal of The Magnetics Society of Japan

39巻までは冊子,40巻からはCD
2015年39巻 1号 (1月発行) 2号 (3月発行)
3号 (5月発行) 4号 (7月発行)
5号 (9月発行) 6号 (11月発行)
2016年40巻 1号 (1月発行) 2号 (3月発行)
3号 (5月発行) 4号 (7月発行)
5号 (9月発行) 6号 (11月発行)
6号分収録CD (12月発行)
2017年41巻 1号 (1月発行) 2号 (3月発行)
3号 (5月発行) 4号 (7月発行)
5号 (9月発行) 6号 (11月発行)

日本磁気学会 研究会資料

第202回 2015年5月26日 エネルギーに関連する磁性材料の現状とその展開
第203回 2015年7月24日~25日 大型プロジェクトによる磁気・スピン新機能デバイス研究開発の最前線
第204回 2015年11月22日 磁気イメージングチュートリアル
~研究を加速させる可視化技術の初歩から最先端まで~
第205回 2015年12月14日 将来の磁気デバイスを担う新しいナノ磁気構造とスピン操作の可能性
~カイラル磁性とスピンオービトロニクスが拓く新現象~
第206回 2016年1年29日 発電用電子・磁気材料の現状と今後の展望
第207回 2016年3年18日 溶液系の磁場効果とその利用-磁気マイクロフルイド,磁気分離
第208回 2016年6月9日 スピントロニクスにおける次世代材料開発
第209回 2016年10月21日 反強磁性が拓くマグネティクスの新展開
第210回 2016年11月18日 ”スピン”の可視化とその操作
第211回 2017年1月27日 医療と磁気の現状と将来展望
第212回 2017年2月21日 高周波用磁気デバイス・材料・評価技術の現状と新展開
第213回 2017年6月1日 次世代高効率モータの最近の進展
第214回 2017年8月3日 強磁場の分析応用
第215回 2017年11月1日 複合アニオン化合物磁性材料の最前線

日本磁気学会 学術講演会概要集

第39回 2015年9月8日~11日 名古屋大学東山キャンパス
第40回 2016年9月5日~8日 金沢大学角間キャンパス
第41回 2017年9月15日~22日 九州大学伊都キャンパス

岩崎コンファレンス資料

第1回 2011年11月24日~25日 垂直磁気記録が拓く磁性科学と情報ストレージ技術
第2回 2013年5月13日~14日 時代を先取りする永久磁石の学理と工学への展開
第3回 2014年12月3日~4日 磁気理工学のエネルギ分野への革新的展開
第4回 2016年5月16日~17日 医工学とビッグデータが拓く医療の未来
第5回 2017年11月27日~28日 社会基盤の向上につながる磁気センサとその活用