トップページ > 学術講演会・研究会 > 研究会 > 過去の研究会 > 日本磁気学会 第204回研究会

日本磁気学会 第204回研究会

日本磁気学会 第204回研究会 / 第27回日本磁気学会光機能磁性デバイス・材料専門研究会共催

磁気イメージングチュートリアル
~研究を加速させる可視化技術の初歩から最先端まで~

 磁気特性を評価する技術は年々発展しています。中でも点ではなく面で磁気特性を評価する磁気イメージング技術は、磁性体の特性および磁気に関する相互作用を、それらの空間分布まで捉える事が出来るため多くの有意義な情報を得る事ができます。このため材料開発から様々なデバイス開発に至るまで、磁気イメージング技術は、欠かすことのできない重要なものとなっています。しかしながら、磁気イメージング技術の高度化・複雑化に伴い、これらの技術を使いこなすにはより専門的な知識が求められるようになってきています。そこで、磁気イメージング技術に関する日頃の疑問を解消し、磁気イメージング技術のポテンシャルを最大限利用するため、磁気イメージングチュートリアルと題し研究会を開催いたします。本研究会は、磁気イメージング分野の最前線でご活躍されている講師を招いて磁気イメージングに関する初歩的なことから先端技術とその応用までを、チュートリアル形式にご講演頂く研究会を開催します。多くの方の参加をお待ちしております。

日時:
2015年11月25日(水) 10:30~16:20
場所:
中央大学駿河台記念館 320号室 (東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
TEL:03-3292-3111 (記念館事務室)
URL:http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
参加費:
無料(研究会資料予約購読者,学生)
2,000円(会員,協賛会員)
4,000円(非会員)
資料代:
1,000円(会員,協賛会員,非会員,学生)
協賛:
IEEE Magnetics Society Japan Chapter、応用物理学会、電子情報通信学会、日本金属学会、日本光学会、日本磁気科学会、日本物理学会
問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
URL:http://www.magnetics.jp/event/research/topical_204/
オーガナイザ:
粟野博之(豊田工大)、高木宏幸(豊橋技科大)、野村 光(阪大)、山口明啓(兵庫県立大)
プログラム
11月25日(水)
座長:高木宏幸(豊橋技科大)
10:30-11:30
「磁気光学効果を利用した磁化と磁場のイメージング」

○石橋隆幸 (長岡技科大)

11:30-12:00
「一括撮像法による磁気光学イメージング ~μmからcm視野の動的磁区像と磁界像の観察」

○目黒 栄(ネオアーク)、斉藤 伸(東北大)

 
休憩(60分)
座長:野村 光(阪大)
13:00-14:00
「磁気力顕微鏡の基礎と最近の動向」

○齊藤 準(秋田大)

14:00-14:30
「Nd-Fe-B系磁石のイオンミリング-SEM-MFM観察」

○山岡武博、辻川葉奈、安藤和徳、蓮村 聡(日立ハイテクサイエンス)

 
休憩(20分)
座長:粟野博之(豊田工大)
14:50-15:50
「放射光磁気イメージング技術と応用例の紹介」

○中村哲也(SPring-8)

15:50-16:20
「スピン偏極走査電子顕微鏡(スピンSEM)とその応用」

○考橋照生(日立)

当学会では,研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております.