トップページ > 学術講演会・研究会 > 研究会 > 過去の研究会 > 日本磁気学会 第202回研究会

日本磁気学会 第202回研究会

エネルギーに関連する磁性材料の現状とその展開

パワーエレクトロニクスの急速な進展により,磁性材料に所望される特性も変化してきました.また,それに伴って解析技術も発展してきました.本研究会では,現在ならびに今後の磁性材料の供給・評価・活用に関して,活発に活躍されている研究者を講師にお招きし,研究会を開催いたします.多くの方のご参加をお待ちしております.

日時:
2015年5月26日(火) 10:40 ~ 16:20
場所:
中央大学駿河台記念館 330号室 (東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
TEL:03-3292-3111 (記念館事務室)
URL:http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
参加費:
無料(研究会資料予約購読者,学生)
2,000円(会員,協賛会員)
4,000円(非会員)
資料代:
1,000円(会員,協賛会員,非会員,学生)
協賛:
電気学会,日本物理学会,応用物理学会,日本金属学会,日本ボンド磁性材料協会,日本自動車工業会,粉体粉末冶金協会,高効率モーター用磁性材料技術研究組合
問い合わせ先:
日本磁気学会事務局 TEL:03-5281-0106
URL:http://www.magnetics.jp/event/research/topical_202/
オーガナイザ:
斉藤貴伸(中部科学技術センター),三俣千春(物材機構),柳井武志(長崎大) (五十音順)
プログラム
座長:斉藤貴伸(中部科学技術センター)
10:40 – 11:20
「今後の磁性材料とパワーエレクトロニクスに関して」

〇藤﨑敬介(豊田工大)

11:20 – 12:00
「電磁鋼板の高磁束密度・低損失化と今後の活用」

〇開道 力(北九州高専)

 
休憩(90分)
13:30 – 14:10
「特性評価時の注意点ならびに評価結果の有効活用」

〇成田芳正(岩通計測)

14:10 – 14:50
「SPORT HYBRID SH-AWD 新型モータの開発」

〇矢﨑 学(本田技術研究所)

 
休憩(10分)
座長:三俣千春(物材機構)
15:00 – 15:40
「日本におけるネオジム磁石の動的マテリアルフロー分析」

〇醍醐市朗,関根伸雄,後藤芳一(東大)

15:40 – 16:20
「異方性ボンド磁石の現状と展望」

〇山崎理央,御手洗 浩成,野口健児,三嶋千里,
度會亜起,松岡 浩,新宅雅哉(愛知製鋼)

 

当学会では、研究会でのビデオ・写真撮影および録音はご遠慮いただいております。