第97回研究会

「硬質磁性材料応用の新展開-応用技術と材料開発の接点を求めて」

日 時 :平成9年3月7日(金)
場 所 :機械振興会館 地下 3 階研修室 (東京港区芝公園3-5-8,TEL 03-3434-8216)
協 賛 :物理学会、応用物理学会、電気学会、金属学会(予定)
資料代 :1,000 円(会員、賛助会員、学生) 2,500 円(非会員)
オーガナイザー:荒木悟(TDK)、高梨弘毅(東北大)、新庄輝也(京都大)、榊間博(松下電器)

 「反強磁性」は磁性の教科書ではおなじみですが、実際の材料としてはあまり応用された例はありませんでした。しかしながら近年、強磁性-反強磁性層の直接交換結合による強磁性スピンのピンニング現象がスピンバルブGMR膜として応用されて以来、ハードディスクの高密度化のためのキーテクノロジーとして広く注目を集めるようになりました。このスピンバルブでは特に反強磁性によるピンニングがGMR発現の本質といえます。この反強磁性薄膜としてはFeMnが広く知られておりますが、まだ様々な問題等が残されており、決定的な組成系が見いだされていないのが現状です。また、強磁性-反強磁性層の交換結合もよく理解されていないのではないでしょうか?
  この研究会では、これら反強磁性現象を再度基礎的な観点から見直し、今後の新材料開発のための指針とします。また、現在提案されている新しい反強磁性薄膜の組成系について、それぞれの特徴や問題点等についての議論を通して、反強磁性材料についての深い理解を目的とします。

プログラム:

座長 広沢 哲(住特金)
  1. 10:00~10:40 永久磁石の特性と応用展開
    浜野正昭(戸田工業)
  2. 10:40~11:20 MR ヘッド用ハードバイアス膜
    宇野泰史、森田治幸、松崎幹男(TDK)
  3. 11:20~12:00 高性能モータのための永久磁石材料
    山下文敏(松下電器)

昼食 12:00~13:20


座長 溝口徹彦(東芝)
  1. 13:20~14:00 光ピックアップ用レンズアクチュエータにおける磁性材料
    関本芳宏(シャープ)
  2. 14:00~14:40 MRI用磁気回路と永久磁石材料
    太田公春(住特金)

休憩 14:40~15:00


座長 岡田益男(東北大工)
  1. 15:00~15:40 渦電流ブレーキと磁石材料
    竹田敏和、小川誠(いすず中研)
  2. 15:40~16:20 電力貯蔵用フライホイールにおける永久磁石の役割
    村上雅人(超電導工学研)