トップページ > 学術講演会・研究会 > 研究会 > 日本磁気学会研究会資料原稿の書き方

日本磁気学会研究会資料原稿の書き方

日本磁気学会

 研究会資料は、著者作成の原稿をそのまま版下として、カメラレディ方式によりオフセット印刷により製作いたしますので、下記の要領により作成いただきますようお願いいたします。

なお、本研究会資料は、当日の研究会参加者に加えて、研究会資料の年間定期購読を予約されている会員の方にも送りますのであらかじめご承知おきください。

1.原稿サイズ
A4判→縮小:85%→印刷上がり:B5判
2.原稿用紙
A4判白紙を縦長に使用してください。(所定の用紙は有りません)
3.印字スペース(A4判用紙)
余白:上下30ミリ、左右25ミリのマージンをあけ印字して下さい。

事務局で原稿受理日を入れますので、最終頁は1行分あけておいて下さい。

4.印字
  • ワープロを使用してください。
  • 文字の大きさ

    タイトル:和文標題は14ポイント、英文標題は12ポイント (タイトルのみボールド)

    本文:12または10ポイント

  • 文字のスタイル・・・・・本文:明朝、タイトル:ゴシック

 

5.原稿のスタイル
  • 第1頁の始めにタイトル、著者名、所属を和文・英文共それぞれ改行を入れ、センタリングして記してください。
  • タイトルにつづいて、英文アブストラクト、本文と続けてください。
  • 本文は、図・表のみとせず、文章により表現してください。

 

6.図(写真を含む)・表
  • 図(写真を含む)・表のキャプションおよび字句などは英文にて表記してください。
  • 図および写真は区別しないで、Fig.1、Fig.2・・・・・のように、表はTable1、Table2のように通し番号としてください。
  • 図と表は原稿の適切な箇所に貼り付けるか、電子ファイルの場合は原稿中に組み込んで下さい。
  • 図・表は、切抜きまたはコピーしたものを原稿に貼り付けして結構です。(鮮明なこと)
  • 貼付の場合の写真は、可能な限り複製プリントしたものが望ましい。 (カラー写真は不可)
  • 写真にはスケールを入れてください。
  • 図(写真を含む)のキャプションは図の下に、表のキャプションは表の上とする。
  • 図・表を他書から転用する場合には、必ず出典を明記してください。
7.引用文献・参考文献
  • 文献の引用は通し番号で(1)、(2) あるいは(3)~(5)のように表わし、前出した文献を再び引用する場合は番号だけ文中に肩書きしてください。
  • 図・表を他書から転用する場合には、キャプションの最後に上記の要領で文献番号をつけてください。
  • 引用文献は、本文末尾に[引用文献]として番号順に一括掲載してください。
  • 私信、preprintをはじめ、一般に入手・閲覧が困難なものはさけ、成書を示してください。
8. 単位
原則としてSI単位を用いる。(SI単位にそれ以外の単位系を併記するのはかまわない。例えば、80 kA/m(1kOe)など。)
9.その他
  • 数式は、a/3、a/(b+c)、4×10-2(4・10-2としない)のように表わす。
  • 注はすべて脚注とし、任意の記号で示し、そのページの下段に記載してください。
  • 原稿には欄外下段に、薄く鉛筆でページを入れておいてください。
  • 原稿はしわにならないよう、当て紙を入れるなど注意して下記にお送り下さい。

    送付先:

    〒101-0052 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館207号室
    公益社団法人 日本磁気学会
    電子メール:msj_at_bj.wakwak.com(_at_ は @ にしてご使用ください。)

● 複写権保護に関する表示:
本会では複写権保護のため、本会発行出版物の奥付にその旨の表示をいたしますが、これは著者自身の権利を一切侵害侵害するものではありません。

以上

研究会資料テンプレート →ダウンロード